無理なく主婦もしながら働く

家庭での仕事も外での仕事もしっかりこなしたい方へ

看護師を目指す主婦に欠かせない家族の存在

 主婦の中には、子供が成長して子育てに手が掛からなくなったことから、新しい仕事を探しているという人は少なくない。
やりがいのある仕事の選択肢として、看護師も視野に入る。
看護の仕事は勤務のスケジュールが不規則になりやすい。
職場によっては夜勤の仕事もあるため、家族との生活時間がズレる可能性も考えられる。
 このことから、主婦から看護師を目指すのであれば、仕事と家庭との両立ができるかどうか慎重に検討する必要がある。
この場合、看護師の仕事と家庭を両立させるための重要な手掛かりとして、家族からの協力が挙げられる。
家族は人間関係の中でも最も身近にいる存在で、利害関係を越えて親身なサポートが受けられる貴重な存在である。
看護師として働き始めたなら、家族の存在は非常に大きなものになる。
働き始めれば少なからず家族に迷惑をかける事になるかもしれないため、主婦から看護師へと転身するにあたり、まずは家族全員に相談することが欠かせない。
事前に相談して家族から了承を得ておかなければ、いざという時に協力を得るのは難しい。
また事前に看護師を目指す事を家族に話しておけば、後ろめたい気持ちを抱える必要がなく家族が心の支えにもなる。
 看護師として働き始めたなら、家庭の中でそれぞれに役割分担を決めておくと役に立つ。
家族がそれぞれに責任を持って役割を持って行動するようになれば、家事の負担は軽減できるため仕事と家庭は両立させやすい。


2017年12月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ