無理なく主婦もしながら働く

家庭での仕事も外での仕事もしっかりこなしたい方へ

基本的な主婦看護師の仕事と家庭の両立法

 主婦でもある看護師の仕事と家庭の両立法は、身体的・時間的に限りがある中で、それぞれの家庭や家族の状況に応じて上手くワークバランスを工夫し、やり繰りするのが基本である。
特に出産や育児、介護などで家庭での役割が大きい場合には、仕事のペースをスローダウンする必要があり、家庭への影響が少ない日勤のみの仕事やより時間的にも柔軟なパートタイムの仕事に移ることが多いのだ。
現実的としては、主婦である以前に看護師として働くには、絶対にミスは許されない特殊な職業柄、精神的・肉体的な負担が大きく、休みの日には自宅でしっかりと休養することも重要な仕事の1つである為、周囲の仕事に対する理解やサポートが大前提の要件となっているのだ。
 その上で、更に主婦として家庭内で中心的な役割を果たす看護師は、やはり体力及び時間に限界がある為、多くの場合同じ職場内での異動や他の施設への転職により、仕事の調整を図るのが現状である。
その仕事に関しては、夜勤の無い日中のみの勤務であることが最も基本的な条件だ。
また日勤のみの職場は、その性質上土日祝日が休みで、特定の曜日が休診日である施設も多く、勤務時間の他に固定した休みを確保できる為、家庭との調整が図り易いのである。
 具体的な方法については、同じ施設内では外来や検査室などへの異動、他への転職ではより個々の状況に適う日勤の常勤や都合に合わせて働けるパート勤務によって、仕事と家庭との両立を図るのが基本的な方法だ。


2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ