無理なく主婦もしながら働く

家庭での仕事も外での仕事もしっかりこなしたい方へ

看護師の仕事と家庭との基本的な両立方法

看護師の仕事は、一般的に新卒で24時間体制の病院に勤務し、2交代や3交代で夜勤を熟す為、不規則で肉体的・精神的な負担も大きいのである。
その為、独身の段階でも、家族や友人など周囲の仕事に対する理解やサポートが必要であるが、殊に結婚した場合には、仕事と家庭の両立が問題となるのだ。
現在結婚を機に仕事を辞める方は少なく、結婚しても現場で活躍する看護師が多数を占め、看護師として外で働く一方で、家庭に在っては主婦の一面も持ち合わせる方が少なくないのだ。
その基本的な両立方法は、まずパートナーや同居する家族など周りとよく話し合い、仕事に対する理解を十分得た上で、家庭内での役割分担を決め、相互にサポートを図るのが一般的である。
特に夜勤のある看護師の日常生活は、職場と家を行き来し、家に戻って来たとしても次の勤務に備えて、心身を休めることが重要な仕事の1つを占めるのだ。
その為、周囲の理解とサポートが仕事と家庭の両立に於いて重要な鍵となっているのである。
また、出産や育児を迎えた段階では、プライベートにウェイトを置く必要性から、仕事のペースをスローダウンして、仕事と家庭生活とのバランスを図ることが多いのだ。
看護師の仕事は、一度国家資格を取得すれば、基本的に一生有効で尚且つ全国どこででも働ける特長がある。
加えて、慢性的な人材不足により仕事に困ることがまずないのが現状だ。
その為、結婚や子育てなど家庭状況に応じて転職し、夜勤がないシフトの勤務をしている看護師もいる。
夜勤がないシフトで自分に合った勤務ができる職場はどのようなところか「仕事と家庭を両立させよう」で探して欲しい。


2017年9月
     
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

カテゴリー

  • カテゴリーなし

アーカイブ